見学時のチェックポイントと医院見学Q&A

そもそも医院見学って何をすればいいの?ここでは医院見学のポイントと素朴なギモンに答えます。

ChackPoint見学のチェックポイント

ただやみくもにいくつかの医院を見学するだけでは比較はできません。自分が職場に求めるものをハッキリさせて、見るべきポイントを頭に入れておきましょう。

  • DHが携わっている業務の内容 自分がやりたい業務はできそう?
  • 衛生管理が徹底されているか 器具の滅菌、清掃状況は?
  • 患者さんへの対応の仕方 自分が患者として来たらどう思う?
  • 他職種との連携 DRやDAとどんなやり取りをしている?
  • 居心地が良いと思える雰囲気か 自分がここにいる姿が思い浮かぶ?
  • 先輩スタッフの人柄や人間関係 コミュニケーションは円滑?

Q&A医院見学Q&A

質問はした方がいいの?
見学は働いている人の本音や生の声を聞けるチャンスですので、ぜひ質問してみましょう。 見学の場で気になったことはもちろん、後から「あれを聞けばよかった…」と後悔しないように、あらかじめ医院のHPなどを見て調べておくことが大切です。
    例えば…
  • 滅菌の順序を教えてください
  • 最近の院内勉強会ではどのようなことをやりましたか?
  • 1年目の研修内容は?
  • 担当を持てるまでだいたいどのくらいかかりますか?
友達と一緒に行ってもいいの?
同じ学校の学生同士、まとめて見学を受け付ける方が都合が良い、という医院もあるのであまり気にする必要はありません。一度問い合わせてみましょう。
同じ医院に何回見学に行ってもいいの?
見学は受け入れてくれる医院側にとって少なからず手間がかかるもの。でも、本当に行きたい!という気持ちがあれば伝えてみるのも手。 「見学したい理由」をきちんと伝えれば2回は見学させてくれるところが多いのではないでしょうか。 例えば矯正に関心がある場合、「矯正治療のタイミングがあれば見学させていただけますでしょうか」など前向きな気持ちを伝えてみるとGOOD!
見学後にやることは?
見学のまとめと、対応してくれた医院へのお礼をしましょう。 見学のまとめは、印象を忘れないようにその日のうちにやるのがオススメ。 何を見て、何を聞いて、どう感じたのかなどをメモしておき、あとで他の医院と比較・検討できるようにしましょう。 医院へのお礼はマストではありませんが、しておくと少なからず担当者の心証は良くなるでしょう。

医院見学は“いい職場”探しの第一歩!
ミスマッチを防ぐためにも積極的に医院見学へ行きましょう!

見学前のマナー講座はこちら!»